近況。

mixiとのかけ持ちにして、
mixiは友達への伝言とか用にして
ブログはシゴト(私事、仕事)用にしようと思ってたのに
気がつけばブログが遠ざかっていた日々。w
なので、ひさしぶりの今日は
とりあえずは私事の近況報告。
さて、夏休みが始まりましたw
学生生活最後の夏休み!!
来年は休みがあるのだろうか?
休みが無いのだろうか?
「職がなくて休み」となっていないことを祈りますが・・・。
それはさておき、こないだは神戸のみなと花火見てきました。
翌日の新聞では25万人の人が集まっていたそうです。
ボクとしては、人の多さ云々よりも
25万人もの人が同じ花火を見る為に結集したってことの方が驚き!
それだけの人が同じ花火を見ていたってことに感激!!
そこに自分がいて同じ時間を共有していたってのがすごいなーと。
(見ていたときはそんなこと考えてないけれど・・・w)
誰かと同じことを考えていたり
誰かと同じことを感じたりすることは素敵です。
伊坂さんの「死神の精度」に同じような台詞があったな・・・。
花火自体もスゴくきれいで
「ドン!!」って音がお腹に響いて「これぞ夏っ」
久々の花火はほんとに良かった!
花火に関して一つだけ後悔があるなら
写真を撮り忘れたことかな・・・。
これじゃぁ。ブログで伝えきれないね・・・。
出直してこよう。

FC2トラックバックテーマ  第776回「好きな小説。」

FC2トラックバックテーマ  第776回「好きな小説。」

好きな小説、伊坂幸太郎さんの作品が好きです
(といってもボクはそれと東野圭吾さんしか読まないw)
ついでにいうと、今は「終末のフール」を読んでいます。
で、数ある作品の中で好きなのは
「アヒルと鴨のコインロッカー」と、「ラッシュライフ」ですかね。
素敵な作品がいっぱいで迷ったのですが・・w
「アヒルの~」は映画化されて英太さんが出てたりした作品で
ボク自身初伊坂幸太郎作品でした。
まさか本屋でたまたま見つけた本がこんなに面白いのか!!と衝撃をウケたのを覚えています。
本の帯に書いてある「神様を閉じ込めにいかないか」というフレーズが最高にカッコいいです。
内容は特にいわないですけど、現在と過去が混ざりあっていく中盤から先が気になってという絶妙な構成になっていて、そしてもちろん最後には・・・。という感じですかね(伊坂さんの長編はだいたいこんな感じ)
ボクの感想としては、読みきりたいけどもうちょっと長く楽しみたいと思わせてくれる本でした。
「ラッシュライフ」は4つの中編(?)小説からなる小説です(たぶん)。
4つの別々の話がじつは・・・
もうこれ以上いえないですw
何せ読んでいただきたい作品の一つですね。
この本の最初のページに掲載されているエッシャーのだまし絵がこの小説を一番よく表していると思います。
伊坂さんの作品は言葉選びがおしゃれで会話のなかの一節にも緻密な計算がなされていて、でもそれをうまくかくしてくれる、読んでいてどことなく安心していける。そんな感じがします。
あー文章がまとまらないなー
どうがんばってもボクは物書きにはなれそうも無いw

# 始まりの終わり、終わりの始まり。

伊坂幸太郎の「終末のフール」読んでます。
伊坂幸太郎作品は最近映画化とかで話題になってるみたいですね。
ボクは3年くらいまえ前、
たまたま見つけた本の帯の「神様を閉じ込めにいかないか」というフレーズに
魅かれて読んだのが最初です。(書名「アヒルと鴨のコインロッカー」)
「8年後、地球が滅亡する」ということを通告されてから5年。
残り3年という月日をどう過ごすのか考える人々の短編集です。
といってもまだ読み切ってないんですけど。
伊坂さんの本は好きで、文庫本は全部読みました。
(ハードカバーは移動に適さないので買いませんw)

さてと。

life life life はじめました。
日常のことや、自分の哲学をそれっぽく。
表現の場所かな。ストレス発散の場所かな。
まーそれっぽくやりましょーw

126 / 126«...124125126

Category

Archive

LINE STAMP PART.1LINE STAMP PART.2LINE STAMP PART.3